裏面印刷を施した名刺作りのポイントとサンプル確認の重要性について

名刺はビジネスマンが挨拶を行うのに不可欠なアイテムです。相手に自分の名前を覚えてもらうために使う物なので個性的で印象に残るデザインにするのが効果的ですが、奇をてらい過ぎるのも良くありません。社会人として相応しい一枚に仕上げるためにも、名刺印刷の良し悪しの見分け方や裏面印刷の重要性、名刺作成に関する費用の詳細について学びましょう。

名刺はビジネスマンの顔ともいえるアイテム

名刺は社会人であれば多くの人が使うアイテムです。特に営業職のような不特定多数の人を相手にする仕事の人は何枚あっても多すぎることはありません。初めて会う人には挨拶と共に名刺を渡すのが社会的なマナーとされているので、営業以外の仕事に就いている人でも名刺は常備しているのが一般的です。

名刺は自分の氏名と勤務先、所属している部署といった情報が記載されています。名刺があれば相手の素性がひと通り把握できるので、説明を行う手間が省けるのが利点です。近年では携帯電話の番号やメールアドレスといった個人的な情報が記載されている名刺も増えているので、細かい打ち合わせを行う際に便利です。

名刺の使い勝手の良し悪しはそのまま渡した相手への評価に繋がりやすいことから、手抜きをせずに丁寧な名刺作りを心がける必要があります。

名刺で個性を表現する際の注意点

営業など多くの人と接する仕事に就いている場合、自分の名前を覚えてもらうことが第一の目的になります。名刺を渡せばその場では名前や所属部署を知ってもらうことができますが、そのまま名刺入れに放り込んでお終いとなるケースは珍しくありません。

自分以外にも多くのライバルが名刺を渡しているので、何よりもまずは自分の事を覚えてもらう必要があります。そのため、名刺のデザインに工夫を凝らして他との差別化を図る人は決して少なくありません。

受け取った名刺がインパクトのある、個性的なデザインであれば強く印象に残ります。

名刺入れを開いた際も真っ先に目が向くので、自分の名前を覚えてもらうには効果的な方法です。その反面、名刺による個性の演出はやり過ぎると悪い印象を与えてしまう可能性があります。名刺は挨拶の際に渡す物なので、デザインによってはまじめに挨拶をする気が無いと見なされてしまうので注意が必要です。

名前や所属部署の記載方法を少し変える程度なら目立たせるだけで済みますが、名刺そのもののサイズや形状を変えるのは避けたほうが無難です。名刺入れに入らず、そのまま廃棄されるおそれがあります。材質についても取り扱いに困るような物は使わず、一般的な厚紙か、紙に質感が似ている薄手の物にするのが社会人としての礼儀と言えます。

大事な名刺を保管するためのケースを買う前に!注意するべき事とは

名刺印刷を行う業者選びのポイント

名刺は消耗品なので何枚あっても多いということはありません。逆に名刺を切らしてしまうのは社会人としてみっともないこととされているので、枚数に余裕を持たせることが重要になります。常に名刺を切らさないためには大量印刷を手掛ける専門業者に名刺作成を依頼するのが一般的な方法です。

業者による名刺印刷は枚数が多くても対応してくれるうえに時間もかからない利点があります。品質にもムラが無いので、紙が傷んでいたり印刷が滲むといったトラブルの心配がほとんどありません。専門業者が印刷した名刺は安心して使用できますが、その一方でデザインが画一的なので面白みに欠ける欠点もあります。

他の会社の名刺とデザインがほとんど変わらず、一見しただけでは見分けがつかないことが多いので相手に名前を覚えてもらう際には不便です。また、専門業者による名刺印刷は枚数に決まりが設けられていることも多いので予算の調整が難しい点を注意します。

多くの業者は利益率が低い事を理由に、少ない枚数の名刺印刷は受け付けていません。特別プランとして少数印刷を行っている所もありますが、その費用は非常に割高に設定されているケースが大半なので注意が必要です。また、印刷業者のすべてが名刺印刷を丁寧に行うとは限らず、稀に粗悪な印刷で済ませてしまう悪質な所もあるので慎重に判断しなければいけません。

極端に安い価格を提示したり、常識ではあり得ないほどの早い納期を確約する業者は印刷作業で手抜きを行っている可能性が高いので避けるのが無難です。

裏面印刷の宣伝効果とサンプルを確認する意味

相手に強い印象を与える名刺の作り方として裏面印刷が挙げられます。名刺は表面に氏名や会社名など、相手に伝えるための情報がすべて記載されているので裏面は真っ白、というのが従来の常識でした。しかし、裏面印刷を行うことによって小さな名刺の中により多くの情報を記載することが可能になります。

会社の事業内容や緊急の連絡先などを示すことができる他、裏面も有効に使うことで他の名刺と大きく違うことをアピールすることが可能です。シンプルなデザインでも表と裏の両面に印刷されている名刺はそれだけでもインパクトが強く、他の名刺よりもはるかに目立ちます。

そのため、自身の氏名や会社名を覚えてもらう効果が高い印刷方法と言えるのです。裏面印刷を行う場合、サンプル確認は必須です。表と裏の印象にズレがあると不安定な感じが生じてしまい、相手に与える印象も良くないものになってしまうためです。

両面のバランスが整っていることを確認することが重要なので、費用が嵩むとしても必ずサンプルを作らせることを心がけます。また、裏面印刷は一枚の印刷に二回の印刷加工を施す計算になるので、その分だけ費用が割高になることを把握しなければいけません。

両面への印刷になるので、使用する紙も厚みがあって頑丈な物を選ぶことになります。

印刷料金が高くなることと所要時間が長くかかってしまう点を注意しなければいけませんが、それに見合うだけの宣伝効果を期待することができます。

名刺印刷にこだわりが必要な理由について

名刺印刷にこだわりを持つことが大切なのは他との差別化を図り、相手に良い印象を与えるためです、名刺は相手が何者であるか、所属している会社はどのような営業方針を取っているのかを端的に知るための情報ツールです。

氏名と会社名を記載しただけの素っ気ない作りでは知りたい情報は得られず、印象も良くありません。

そのため、裏面印刷を行うなど、多くの情報が得られるように工夫することが名刺作りに求められる気配りと言えます。相手が知りたいであろう情報を簡潔にまとめ、ひと目で理解できるように記載するのが質の良い名刺作りの条件です。

そのためには技術力が高く信頼できる印刷業者を選び、何度もサンプルを確認して妥協の無い一枚に仕上げることが重要になります。

参考《名刺 作成》 - https://www.designmeishi.net/